まとめ|電気・ガス料金値上げ!昨年、先月と比較してみました

目次1 2021年1.1 でんき料金の値上げ!?2021年は、1月と比べて年末の12月はどのくらい値上がりしたのか?1.2 2021年は 1,796円の値上げ!2 2022年1月~2.1 例)平均モデ ...

お知らせ
エルピオでんき|2022年4月30日(土)にサービス停止 10万件以上に影響!

株式会社エルピオ(本社:〒272-0832 千葉県市川市曽谷1-30-18)が展開する格安でんきの 「エルピオでんき」は 2022年4月30日(土)をもってサービス停止すると発表がありました。 エルピ ...

注意ポイント

新規申し込みが停止されるのは「エルピオでんき」となります。「エルピオ都市ガス 」は今まで通り新規の受付を行っております。

電気・ガスは従来と同じ品質と安全性です。WEBで申し込むだけの「かんたん節約術!」

(例)東京電力エリア
40A 400kWh の場合
年間 9,900円節約!

【PR】ミラブルplus
ファインバブル量UP
平均 50%の節水

(例)東京ガスエリア
30m3 の場合
年間 2,800円節約!

【PR】プロパンガスは高い
ガス会社を変更するだけ
自動料金診断

東京電力エリア 北海道電力エリア 東北電力エリア 中部電力エリア 北陸電力エリア 関西電力エリア 四国電力エリア 中国電力エリア 九州電力エリア 沖縄電力エリア

2022年度|再生可能エネルギー発電促進賦課金について(2022年5月分 ~ 2023年4月分)

投稿日:

再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)とは、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」によって電力の買取りに要した費用を、消費者が電気の使用量に応じて負担するものです。

再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)は、全国一律単価で、毎年、経済産業大臣が決定します。

電気の使用量(従量制供給量)に応じて支払いが発生します。

2022年度分の再生可能エネルギー発電促進賦課金

供給タイプ

(従量制供給の場合)

再エネ賦課金
2020年5月分から2021年4月分 2.98円/kWh
2021年5月分から2022年4月分 3.36円/kWh
2021年5月分から2022年4月分 3.45円/kWh

※ 再生可能エネルギー発電促進賦課金単価には、消費税等相当額を含みます。

「再生可能エネルギー発電促進賦課金単価のお知らせ」(PDF:220KB)

電気料金の計算方法

電気料金の計算方法

基本料金 + 電力量料金 + 再エネ賦課金

例)月に400kwhの電気使用量の場合

月に400kwh使っている家庭では「再エネ賦課金」として、いくらかかりますか?
400kwhの場合、前年は月額 1,344円でしたが、今年の5月からは 1,380円になります。

300kwh の再エネ賦課金

4月まで 400kwh ✕ 3.36円 = 1,344円

5月から 400kwh ✕ 3.45円 = 1,380円

月の使用量 2021年5月 2022年5月 差額(円)
(kWh) (円) (円) 月額 年間
50 168 173 5 54
100 336 345 9 108
150 504 518 14 162
200 672 690 18 216
250 840 863 23 270
300 1,008 1,035 27 324
350 1,176 1,208 32 378
400 1,344 1,380 36 432
450 1,512 1,553 41 486
500 1,680 1,725 45 540
550 1,848 1,898 50 594
600 2,016 2,070 54 648

 

-東京電力エリア, 北海道電力エリア, 東北電力エリア, 中部電力エリア, 北陸電力エリア, 関西電力エリア, 四国電力エリア, 中国電力エリア, 九州電力エリア, 沖縄電力エリア

Copyright© 光熱水費かんたん節約術 , 2022 All Rights Reserved.