東京電力エリア 北海道電力エリア 東北電力エリア 中部電力エリア 北陸電力エリア 九州電力エリア

アンペア(A)の確認方法と、適正な契約アンペアの選び方・計算方法

投稿日:

電気の契約でよく聞くアンペア(A)の確認方法と、適切なアンペアの選び方をご紹介いたします。
アンペア契約ができる電力会社では、アンペア数を下げると基本料金も下がりますので、適切なアンペアを選んで上手に節約生活をしたいですね。

契約アンペアで基本料金が違う

例えば、東京電力のアンペア契約の基本料金(従量電灯B)はこちらです。

参考 東京電力「従量電灯B」の基本料金

  • 10A 286円
  • 20A 429円
  • 30A 572円
  • 40A 1,144円
  • 50A 1,430円
  • 60A 1,716円
アンペア契約とは、電気を使いすぎるとブレーカーが落ちるタイプの契約ですね。

アンペア契約ができる電力会社

アンペア契約ができる電力会社

  • 東京電力
  • 北海道電力
  • 東北電力
  • 中部電力
  • 北陸電力
  • 九州電力

※ 関西電力。中国電力。四国電力、沖縄電力は、アンペアでの契約はありません。

各電力会社別 基本料金一覧

一般家庭で主に契約されているアンペア契約(従量電灯B)の電力会社別基本料金はこちらです。

※ 10A ~ 60A までの一覧です。右にスクロールできます。

東京電力 北海道電力 東北電力 中部電力 北陸電力 九州電力
10A 286円00銭 341円00銭 330円00銭 286円00銭 242円00銭 297円00銭
15A 429円00銭 511円50銭 495円00銭 429円00銭 363円00銭 445円00銭
20A 572円00銭 682円00銭 660円00銭 572円00銭 484円00銭 594円00銭
30A 858円00銭 1,023円00銭 990円00銭 858円00銭 726円00銭 891円00銭
40A 1,144円00銭 1,364円00銭 1,320円00銭 1,144円00銭 968円00銭 1,188円00銭
50A 1,430円00銭 1,705円00銭 1,650円00銭 1,430円00銭 1,210円00銭 1,485円00銭
60A 1,716円00銭 2,046円00銭 1,980円00銭 1,716円00銭 1,452円00銭 1,782円00銭

例)東京電力の場合 アンペア契約 40A → 30A で年間 3,432円おトク!

東京電力では、

40Aの基本料金が 1,144円

30Aの基本料金が 858円

なので、基本料金だけで、月額 286円 の差があります。

年間:286円 × 12か月 = 3,432円

の差があります。

アンペアの確認方法

契約アンペアは、分電盤、検針票で確認できます。

分電盤を見る

台所や脱衣所にあるこちらの分電盤の一番大きなスイッチに記載されています。

東京電力では、色別で表示されているので分かりやすいですね。
ブレーカーの色 茶色
契約アンペア(A) 10 15 20 30 40 50 60

使用量のお知らせ(検針票)を見る

検針票にご契約のアンペアが記載されています。

画像:東京電力

電力会社別アンペア表示について

アンペア(A)の計算例

ここまで、お話しが進んでしまいましたが、そもそもアンペア(A)って、何ですか?
アンペア(A)とは、電気の流れる量の事です。例えば、こちらの パナソニック ナノケア EH-NA0B は、ターボ / ホット時の消費電力は 1,200W なので(家庭の電圧は 100V のため)、電流(A)は

1,200(W)÷ 100(V)= 12(A)となります。

(注)この値は目安としての電流値です。実際の電流値は、機器の力率(電圧と電流の積に対する消費電力の比率をあらわす係数)により大きくなる場合があります。

家庭で同時に、一年で最も多く電気を使う場合を想定してアンペア(A)を決めたほうがいいですね。

例えば、冬の夕食時に、キッチンと居間で電気を使っているときのアンペア数が以下のような場合、50アンペアがご契約の目安となります。

電化製品 アンペア(A)
エアコン(暖房) 6.6A
冷蔵庫 2.5A
照明 2.0A
電子レンジ 15A
炊飯器 13A
テレビ(42型) 4.9A
合計 44A
契約アンペア(A)目安 50A

上記の 50A 契約の例で、先ほどのドライヤー 12A を同時に使ってしまうと、44A + 12A = 56A となり、50A をオーバーしてしまうので、ブレーカーが落ちてしまいます。

アンペア変更の注意事項

アンペアブレーカーの取り替え工事

アンペア(10A ~ 60A)を変更する場合は、基本的に無料でアンペアブレーカーの交換ができます。契約されている電力会社へ確認します。

アンペアブレーカーの取り替え工事は、10~15分程度停電します。

※ スマートメーターで契約アンペアを設定している場合、アンペアブレーカーの取り付けを行いません。

※ 契約内容および電気設備の状況によっては、電気工事店による工事が必要となる場合があります(この工事の費用は契約者の負担となります)。

60アンペア以上にしたい場合

60アンペアより大きい契約を希望される場合は、電力会社へご相談ください。

季節的な変更について

電気の契約は年間契約を基本としています。アンペアの大きさは1年間で最もたくさん電気を使う事を想定して、アンペア契約をします。季節ごとの変更できません。

集合住宅の場合

アパートやマンションなどの集合住宅では、所有者や管理人の承諾が必要な場合があります。

おすすめの電力会社

契約アンペア(A)を下げられない場合、エルピオでんきに切り替えると電気代がもっと安くなるかもしれません。是非、一度シミュレーションをしてみてください。飲食店・商店、お店一戸建ての方もおすすめ!です。

例)東京電力「従量電灯B」からエルピオでんき「スタンダードプランS」へ切り替えた場合に1年間で予想される節約できる目安です。

契約容量 1ヶ月間の電気利用量
300kWh 400kWh 500kWh
40A 9,000円 14,500円 20,000円
50A 9,500円 15,000円 20,500円
60A 10,000円 15,500円 21,000円
エルピオでんき|絶対に確認したい 6つのポイント!料金・サービス内容をご紹介!

株式会社エルピオ(本社:〒272-0832 千葉県市川市曽谷1-30-18)が展開する、格安電力・格安でんきの「エルピオでんき」について、料金・サービス内容&おすすめポイントについてご紹介いたします。 ...

続きを見る

エルピオでんき|切り替えで電気代が1年間で約8,600円お得!になりました~♪

2016年4月から電力自由化が始まりました。 実際にわが家は昨年2016年9月から 「ポイント」や「豪華な特典」などはなく、また大きな広告など、無駄な費用分は電気料金に還元! 電力料金割引額トップクラ ...

続きを見る

-東京電力エリア, 北海道電力エリア, 東北電力エリア, 中部電力エリア, 北陸電力エリア, 九州電力エリア

Copyright© 格安でんきで節約生活 , 2021 All Rights Reserved.